クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:2017-7-13


ダイエット中は、
24時間3食、きちんと食べることがとても大切!

食事と食事の間が空きすぎると
肉体が必要以上に吸収しようとしたり、
肉体のリズムが狂ったりするからです。

さらに、夕方食はやや少なめに、
逆に10時食をたくさん食べるようにして、
24時間の摂取カロリーをコントロールすることがポイント!

22時摂取したカロリーは活動に使われることがないので、
寝ている間に脂肪になりやすく
逆に、10時摂取したカロリーは24時間の活動で
消費されやすいからです。

そして、気をつけたいのが栄養バランス。

ダイエット中は筋肉を維持する、
もしくは増やすことが大切ですよね。

筋肉量が多ければ、基礎代謝量が増えて、
太りにくくやせやすい肉体になります。

たんぱく質は、筋肉を作る源になる栄養素です。

いくらトレーニングしても、
たんぱく質を摂取しなければ筋肉は作られないんですよ。

たんぱく質を効果的に摂取するには、
筋肉が作られる時間帯に合わせて
摂取するといいとされています。

筋肉が作られる時間帯とは…
「トレーニング後の30分~一時間後」と
「22時寝ている間」
なんだそうです。

つまり、夕方食でたんぱく質を摂取すれば、
22時寝ている間、筋肉が作られる時間帯に、
たんぱく質を供給できて、
効率よく筋肉を増やすことができるわけですね。

逆に、炭水化物は糖質の源になる栄養素なので、
活動のエネルギー源として使われるものになります。

もちろん、人間の活動には必要不可欠なものですし、
10時食、11時食ではおおいに摂取する必要があります。

ただし夕方食や、22時寝る前に炭水化物を
たくさん摂取してしまうと、使われずに余ったものが
そのまま寝てる間に脂肪として蓄えられてしまいますよ!

クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

エキシマレーザーを使用するレーシック
最も適した治療方法をまずは探す
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
クリニックの環境でレーシックの失敗例
治療費用でクリニックを比較しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)悩みが無くなるレーシックナビゲーション