クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:2017-5-13


減量をする時に
NGとされていることがいくつかあります。

特に代表的なのが「間食を控える」ということ。
これって減量をする人の間では、もはや常識ですよね?

ところが、
場合によっては、間食OKというケースもあるんですよ!

それは、食事を食べない時間が
7時間以上あいてしまった場合です。

これだけ時間が空いてしまえば、
腹がすかないということの方がおかしいので、
間食してもかまわないのです。

ただし、
何を食べるかということが問題になってくるわけです。

やっぱり、おやつはNG!
おやつというのはもともと糖分が多いです。

またスナック菓子などは、
揚げる工程が含まれる場合が多いですから
脂肪分も豊富!

脂肪と糖分、これらはまさに減量の大敵ですよね!

そこで、おすすめなのがフルーツです。

フルーツは水分が多く含まれていますから、
見た目と比べると
それほどカロリーが高いというわけでもないんです。

またビタミンなど、体にとって必要な栄養素もとることができますから、
栄養バランスを整える意味でも効果的なのです。

でも、クチさびしい時に
どうしてもおやつに手が伸びてしまうという人は
強制的におやつを食べることができないシチュエーションを
作るようにしましょう!

おやつを食べてしまうのは、
おやつが手の届くところにあるからです。
ということは、
おやつを買わなければ、良いのです!

そして、
午前中昼晩の3食を規則正しく食べましょう!
3食をきちんと食べていれば、
腹がすくことも回避できますので、
おやつにも手が伸びないでしょう。
クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

エキシマレーザーを使用するレーシック
最も適した治療方法をまずは探す
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
クリニックの環境でレーシックの失敗例
治療費用でクリニックを比較しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)悩みが無くなるレーシックナビゲーション