クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:2017-3-16


減量のために
運動する場合に注意したいのは、
「オーバートレーニング」と呼ばれる症状です。

オーバートレーニングというのは
運動のやり過ぎによる疲労のことで、
この症状は比較的、誰にでも出やすいんですよね。

オーバートレーニングになると…
からだがだるい、からだが重い、寝つきが悪い、
眠気がとれない、イライラする…など、
日常生活に影響してしまいます。

減量に関しては
オーバートレーニングになってしまうと、
疲労から免疫機能の低下、消化不良などから
体脂肪が落ちにくい状態になってしまいます。

早く痩せたいからと、
休養を考えずに運動を続けると、
逆効果になってしまうのです。

減量を効率よく行うためにも
運動と休養のバランスを考えて行うようにすることが、
とても重要なポイントとなるわけです。

オーバートレーニングになってしまった場合は、
からだを休ませる必要があります。

基本的に
一週間程度運動を行わなければからだは完全に回復するので、
オーバートレーニングになってしまったら
一週間は運動を行わないようにしましょう!

運動と休養のバランスを考慮するなら、
連日運動を行うのは効率的ではありません。

一週間に3~4回、
一日おきのペースで行うのが
効率がよい運動のペースとなります。

一日おきのペースであっても、
疲労感がある場合は、無理をせず休養することが大切です。
疲労を溜めないのは、減量中の基本です!

また、
運動に慣れていない人が運動を始めた場合、
翌日筋肉痛になる場合が多いですよね。

筋肉痛は筋肉が使われて疲労しているというからだのメッセージ。
なので、筋肉痛が抜けてから運動を行うようにしましょう。

クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

エキシマレーザーを使用するレーシック
最も適した治療方法をまずは探す
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
クリニックの環境でレーシックの失敗例
治療費用でクリニックを比較しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)悩みが無くなるレーシックナビゲーション