クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:2015-8-22


ご飯制限をすれば、
体重はすぐに減らせると思っている人も多いと思います。

すぐに痩せたい人は、
食べなければ確実に体重は減ると思います。
でも、そのようなシェイプアップ法は決して健康に良くありませんし、
危険もあります。

オレの友人は、
目標体重に向けて
無理なご飯制限を始めました。

確かに目標だった体重まで
簡単に落とすことができたそうですが、
その後は毎日肉体がだるく、フラフラしている感じがして、
肉体の調子を崩してしまったそうです。

友人は、
カロリーのことばかり考えて
シェイプアップをしていたそうです。

これからは、
健康的にきれいにシェイプアップできるように、
ご飯の栄養バランスをよく考えてしよう…と
反省していました。

また
別の友人も、極端なご飯制限で、
カロリーのことばかり考えてしまい、結局失敗してしまったそうです。

この人のご飯というのは、
9時食はコーンフレークだけ、
14時食はヨーグルトフルーツと、カロリーメイト、
19時はおかずだけというような食生活でした。

このようなご飯でやり始めて、
一週間で9`も体重が減少したそうです。

しかし、
9時食と夕食を極端に制限していたので、
とてもストレスが溜まってしまい、
結局我慢できずに、
夕食を腹いっぱい食べてしまったようです。

そのため、体重は減るどころか、
増える一方になってしまった…とのこと。

この人たちのように、
無理なご飯制限で体重を減らしても、
肉体を悪くしてしまったり、ストレスを溜めてしまって
リバウンドしてしまっては意味がないですよね。

クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

エキシマレーザーを使用するレーシック
最も適した治療方法をまずは探す
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
クリニックの環境でレーシックの失敗例
治療費用でクリニックを比較しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)悩みが無くなるレーシックナビゲーション