妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:2018-6-09


半袖や水着を着ることが多い夏は、
腹周りや二の腕の脂肪が目立ちますよね。

気なる部分だけを減らしたいものですが、
脂肪は全身で分解されるので、
からだの一部分だけ細くするのは至難の業!

部分痩せには、
カロリーコントロールと有酸素体操で
からだ全身の脂肪を落としつつ、
痩せたい部分を意識的に動かすのがポイント。

毎日の生活で、
気になる部分を引き締める動きをとり入れましょう。

二の腕は、腕の裏側の筋肉を意識して
本やカバンなど、
ある程度重さのあるものを両腕を伸ばして持ち10秒キープ。
1日数回繰り返しましょう。

腹周りを引き締めるには、からだをひねる動きがポイント。
脚を肩幅に広げて立ち、左右に上半身をひねりましょう。
下腹部を細くしたいなら、おへその辺りを意識して、
力を入れて息を深く吸い、二倍くらいの時間をかけて吐き出しましょう。

ももは、
階段の昇り降りや自転車をこぐ時に、
ももの筋肉を意識して動かしましょう。
また、歯磨きをしている間など
両ひざを半分曲げた姿勢をキープすると、
スクワットの効果が得られますよ。

ふくらっぱぎは、
電車で立っている時など、つま先で立ってみましょう。
ふくらっぱぎと尻のシェイプアップに効果があります。

尻は、常に姿勢を良くすることを心がけて
左右の尻をくっつけるように力を入れ、姿勢良く立ちましょう。
また後ろに脚を蹴り上げる動きは、
ヒップアップやももの後ろの筋肉を引き締めます。

食べる事は腹八分目を心がけ、適度にからだを動かし、
痩せたい部分を意識して動かす…
これだけでもからだのラインが変わってきますよ。

妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

エキシマレーザーを使用するレーシック
最も適した治療方法をまずは探す
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
クリニックの環境でレーシックの失敗例
治療費用でクリニックを比較しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)悩みが無くなるレーシックナビゲーション