妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:2016-11-28


減量には、
菓子パンのほうがいいと感じている人が多いようですね。

実際、ごはんは、お腹にガッツリときます。
少量でも重さがあるので、減量をしている人の中には、
控えようとする人が多いようです。

たしか菓子パンは
かわいくて、食べやすく、味も濃くて、軽いし、すぐに空腹を満たせます。

しかし、ちょっと待ってください。
食べればすぐに満腹感を得られますが、
またスグにお腹が減りやすいと思いませんか。

小麦粉からできているため消化が早く、すぐに満腹感を得られます。
しかし吸収が早いぶん、血糖値は急上昇のあと急降下で元に戻り、
腹持ちが悪く、すぐにまたお腹がすいてしまうのです。

少量のパンで一時的に空腹を満たせても、
すぐにお腹が減ってしまい、またパンを口にする…
結果として、ごはん以上に高カロリーをとることになりがちなんです。

そして忘れてならないのは、
意外と油分を多く使っているということです。

何もつけずに、菓子パンだけを食べる人は少ないでしょう。
味付けのためバター、チョコレート、クリームなどの
油分を使うことになる場合がほとんどのはずです。
そのため、菓子パンは少量でも意外と高カロリーになるのです。

しかし、ごはんは違います。
菓子パンよりも消化が悪いため、満腹感が長く持続します。
ですから、菓子パンよりもごはんのほうが腹持ちがいいのです。

ゆるやかに消化され、血糖値もゆるやかに上昇し、
体への負担も小さいのです。

「菓子パンにするか、ごはんにするか」
減量が成功するかどうかは、ここで決まるのです。

妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

エキシマレーザーを使用するレーシック
最も適した治療方法をまずは探す
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
クリニックの環境でレーシックの失敗例
治療費用でクリニックを比較しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)悩みが無くなるレーシックナビゲーション