妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:2015-9-27


メタボリックシンドロームのリスクが上がっていけば、
医師はもちろんダイエットを勧めます。

しかし医師の言う「ダイエット」は体重を減らすことではなく、
内臓脂肪を減らすことを指しています。

メタボリックシンドロームは生活習慣病を発病させる原因ですから、
早めに解消すべきなのです。

つまり、
トレーニング不足や偏っているご飯で蓄えてしまった
内臓脂肪を減らすことに目的があるというわけです。

内臓脂肪が残っているのがいけないのではなく、
過剰にあることが問題なのです。

適正な状態で内臓脂肪が残っていれば、
内臓を守るという本来の働きをしてくれるのです。
しかし過剰になると、内臓の働きを邪魔してしまいます。

ですから
やみくもに体重を減らすというダイエットを行っても、
内臓脂肪が落ちていかないという状態になる方もいるので、
その場合はダイエット方法を見直す必要があるわけです。

実は、内臓脂肪って皮下脂肪よりも落としやすい脂肪なんです。

呼吸や会話ができるほどの有酸素トレーニングをこまめに行っていくだけでも、
内臓脂肪はかなり落ちていきます。

ご飯メニューにも気を配る必要があることは確かですが、
皮下脂肪より結果が出やすいようです。

ところがトレーニングで落としても、
ご飯の中の塩分や脂質が過多であれば、
残念ながら、内臓脂肪はすぐに増えていきます。

生活習慣病を防ぐご飯メニューには、適度な塩分、脂質を加え、
トレーニングをライフスタイルの中に加えていくことが、
アンチエイジングを考えるダイエットでは、重要になるのです。

いわば若い頃のダイエットとは、方法が変わってくるんですね。

嗚呼,気分爽快
妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

エキシマレーザーを使用するレーシック
最も適した治療方法をまずは探す
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
クリニックの環境でレーシックの失敗例
治療費用でクリニックを比較しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)悩みが無くなるレーシックナビゲーション