妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:2014-9-18


減量中、夜食は最大の敵です。
寝る前に食べた食べ物は、あまり消費されること無く
体脂肪として蓄積されてしまうからです。

あたくしたちの体質には、自律神経というものがあります。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、
昼は交感神経が働き、 19時は副交感神経が働きます。

昼の交感神経は、食べたものの消費を促す指令を出し、
19時の副交感神経は、食べたものを
体質に蓄えさせる指令を出します。

だから、19時寝る前に食べたりすると
太りやすいんですね。

けれど、ウエストがすいていらいらしたり、
ウエストがすき過ぎてあまり眠れない時などは、
低カロリーで消化のいいものをとり、
空腹感を落ち着かせるほうがいいと思います。

それでも寝る直前は避け、
120分くらい前にとるようにしましょう。
19時、ウエストがすきそうな時は、
明日の朝食を楽しみに早めに寝るべきですね。

ウエストがすいてどうしようもない場合は、
お湯を多めに入れたおかゆをゆっくり食べて、空腹を落ち着かせましょう。
消化がいいので、朝、胃もたれすることもなく、
朝食もおいしく食べられると思います。

また、
コーンスープやポタージュなどではなく
インスタントのコンソメスープやカワメスープなどもお勧めです。
低カロリーで簡単にでき、体質も温まるのでいいと思います。

レモネードもレモンの香りで心が落ち着いて、イライラがおさまり、
体質も温まり、ビタミンCも取れるのでお勧めです。

日本酒をほんの少し飲んで、
さっさと寝てしまうのもいいかもしれませんね。
ただ、日本酒はなるべく低カロリーのものにして、
おつまみは食べないようにしましょう。

妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

エキシマレーザーを使用するレーシック
最も適した治療方法をまずは探す
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
クリニックの環境でレーシックの失敗例
治療費用でクリニックを比較しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)悩みが無くなるレーシックナビゲーション