妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:2014-3-10


みなさんは
ホメオスタシス効果って知っていますか?

減量を始めると、
誰にでも
一時的に体重が減らないという停滞期が訪れてきます。

その停滞期の原因として考えられているのが、
ホメオスタシス効果と呼ばれるものです。

ホメオスタシス効果は
からだの危機管理システムのことで…

環境変化にともなって、
人間のからだは体温維持や血糖値の調節、浸透圧の調節など
さまざまな重要なからだの機能を
正常に保つことができる働きを持っています。
その働きのことをホメオスタシスと言うのです。

ホメオスタシスは
ひと月で5%以上の体重減少があると、
最大限に働き始めるといわれています。

ホメオスタシス現象では、
食べる事から得られるエネルギーの吸収率を
高める働きがあります。

また
吸収する栄養が不足した時に、
からだの中で消費するエネルギーを節約して
通常と同じ活動ができるようにします。

これらのことからホメオスタシス状態では、
食べる事量を減らしても
からだの中に吸収されるカロリーは以前と同じ!

またホメオスタシス状態のときに、
激しいトレーニングなどを行っても
消費カロリーが少なくなってしまうので、
減量効果も得られないということになります。

ホメオスタシス状態をできるだけ避ける為には、
ひと月に数キロも体重を落とすような
急激なダイエットはしないこと!

ひと月の体重の減少を
体重の5%以内に抑えることが
最大の停滞期対策となるようです。

減量を成功させる為には、
ホメオスタシス効果について
覚えておく必要がありますね。

減量の停滞期を上手に乗り切って、
理想のスタイルを手に入れましょう。

妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

エキシマレーザーを使用するレーシック
最も適した治療方法をまずは探す
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
クリニックの環境でレーシックの失敗例
治療費用でクリニックを比較しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)悩みが無くなるレーシックナビゲーション