妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:2013-12-07


暑い日の冷たいビールは格別ですよね。
夏場はたくさん汗をかき、のどが渇いているので、
ついついビールを一気に飲んでしまいがち…

また、揚げ物や味の濃い料理などの
高カロリーのおつまみがすすんでしまうことも…

減量中は、
酔いの勢いに任せて暴飲暴食をせず、
腹八分目に抑えましょう!

ビールのカロリーは熱として放出されやすく、
体脂肪になりにくいと言われていますが、
飲み過ぎはやはりカロリーオーバーに…

とは言え、
ビールそのものより、
一緒に食べるおつまみで太ってしまうことがほとんど!
減量中はおつまみを厳選し、
食べ過ぎないようにしましょう。

減量中のおつまみには、
枝豆、冷奴、漬物がおすすめです。

枝豆も豆腐も高たんぱくで低カロリー。
漬物は野菜の食物繊維やビタミン、酵素の補給が期待できます。

おつまみの合間にこれらの三品をとり入れ、
ウエストを満たしておくとカロリーセーブにつながりますよ!

揚げ物とビールは黄金の組み合わせですが、
その分高カロリー。

唐揚げなら一つ、串揚げなら1本…というように
好きなものを一つだけゆっくり堪能して、
あとはヘルシーな刺身や焼き魚、野菜の煮物などをつまみましょう。

ビールの後の味噌ラーメンやごはんものが、
太る原因なのはよく知られていますよね。

女性の場合、最後に甘いものを食べたくなることが多いようですが、
これは飲んだ後の味噌ラーメンと同じこと。
減量中は控えましょう!

ビールを我慢すると
かえってストレスになってしまうかもしれません。
ストレスは減量の一番の敵。
ビールも適度に楽しみましょう!

今日は、ここまで。
妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

エキシマレーザーを使用するレーシック
最も適した治療方法をまずは探す
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
クリニックの環境でレーシックの失敗例
治療費用でクリニックを比較しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)悩みが無くなるレーシックナビゲーション