エキシマレーザーを使用するレーシック

レーシックではまず角膜の表面をスライスし、「フラップ」と呼ばれている蓋状のものを作成していきます。
このフラップをめくった状態でエキシマレーザーを照射し、角膜を削っていき屈折率を矯正していきます。

 

レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています。
しかし実際に通常の生活を送るためには、作成したフラップがしっかりと癒着している必要があるのです。
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックとは角膜に対してエキシマレーザーというレーザーを照射して、屈折率の矯正をしていくことで視力回復を目指すものです。
今ではテレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられ広く認知されてきています。

 



エキシマレーザーを使用するレーシックブログ:2019-1-13

コンビニに行けば、
おいしそうなおやつがずらりと並んでいます。

チョコレート、アイスキャンディーはもちろんこと、
季節の変わり目には、おいしそうな新作が発表され、
ついつい手が伸びてしまいます。

ですが、そこでストップ!
減量をしたいのなら、
そういったおやつは控えるべきなんですよね。

なぜなら、おやつは油分がたっぷり含まれて、
高カロリーであるにもかかわらず、
ビタミンがほとんど含まれていないからです。
まさに減量の大敵なんです。

「おやつは一切抜き!」が理想なんでしょうが、
やはり甘い物を口にしたいときもあるでしょう。
そもそも我慢をするとストレスがたまり、精神的にもよくありません。

わしは、減量中でも
おやつを食べてもいいと思っていますが、
おやつの「種類」には気をつけています。

食べていいおやつは、
「おやつ」ではなく「フルーツ」なのです。

フルーツは、低カロリーでビタミンも豊富に含まれています。
そのわりに大きな固形物のためウエストがふくれやすく、
満腹感を得られやすいのです。
フルーツに含まれる果糖は、砂糖とは違って、
満腹感が持続しやすいという特徴もあります。

少量で低カロリー、ビタミンが含まれる上、
ウエストがふくれやすいのですから、
これほど減量中に最適なものはありません。

わしはいつもおやつを買うといえば、
近場のフルーツ屋です。

たまたま歩いて3分のところにフルーツ屋があるので、
ウエストがすいたときには、
コンビニではなくそのフルーツ屋へ行っています。

安くて品揃えがよく…
ミカン、バナナ、リンゴ、パイナップル、カキ…など、
ウエストがすいていると、どれもおいしそうに見えますよ!


最も適した治療方法をまずは探す 目の病気や疾患を持っている人 ドライアイでもレーシックを受けられる クリニックの環境でレーシックの失敗例